• JUEの掲げるミッション
  • 体験を核とした教育
  • 一人前の大人を創る
  • セミナーのご案内
HOMEジョイブ大学>ジョイブ大学のミッション

ジョイブエドケーション大学の掲げるミッション

古きよき日本人の美しさを「こころ」を大切に

ジョイブエドケーション大学とは、この日本において 優秀な人材 を育成する過程で、「人の役に立つ人」を育成する前に、 まずは 自分のことが最低限できる一人前の大人」を創りだすための「気づき」を与え、自覚 と
責任感 を醸成することを目的に設立された 学校 です。

エドケーション は「江戸」と「エデュケーション」の造語で、江戸時代
から 明治初期 にかけて 寺子屋 をベースに真剣に燃え上がった 教育熱
(「米百俵」などは有名な話、後述ご参照)を 現代でもう一度取り戻したい、という気持ちを表した名前です。

私たちは、「日本人の持つ美しさを再度見直したいと」いう気持ちとともに、この ジョイブエドケーション大学 をスタートさせます。

米百俵」の精神は、明治のはじめに 戊辰戦争 で焼け野原になった 長岡藩 に、三根山(みねやま)藩が見舞いとして 百俵の米 を送ったのが始まりです。

その当時、窮乏を極めていた 長岡藩士 は、三根山藩 から送られた米が自分達に分配されるものと思っていました。しかし、藩の大参事 小林虎三郎 は、 「国が興るのも 町が栄えるのも、ことごとく人にある。 食えないからこそ
学校を建て、人物を養成するのだ」として、米を売却し、その代金を 国漢学校建設資金 につぎ込んだのです。

ここに 長岡近代教育の基礎 が築かれ、後年、新生日本を背負う多くの人材が輩出されることとなります。 この「米百俵」の故事は、文豪・山本有三 の 同名の戯曲 によって広く知られるようになり、小林虎三郎 の思想 は、今なお多くの人々に深い感動を与えています。

▲ページトップ