• 共生のススメ
  • 自然に触れ、自然に学ぶ
  • 生活力向上改革
HOMEさまざまな体験教育 > 生活力向上改革

1.はじめに

みなさんこれからどうぞよろしくお願いします。 このページでは「生活力 = 家庭という社会での、生活を円満に営むための知恵や能力」をみなさんに養ってもらうためのお手伝いができるよう、様々なテーマを取り扱っていこうと思っております。その最初に選んだテーマが「茶道」。

「全然生活力とかじゃないじゃん!」という声が聞こえてきそうな気がしますが、実はそうでもないんです。茶道を通し学べることというのは、多くのものが「私たちの生活を より豊かなものにするために使えるノウハウ」なのです。「茶道なんて堅苦しい」なんて思わずに、ぜひ読んでみてください。

こんなに長い間 受け継がれてきている伝統です、きっとまだあなたが出会っていない 茶道魅力 が、たくさんあると思いますよ。

2.なぜ今 茶道 なのか

あなたは今、突然目上の方に会う事になったとして、 しっかりとした姿勢 で対応することができますか? 最近は「言葉遣い」からはじまり それ以外の「社会でのルール」といったものに対応できない方達 が 増えているということを聞きます。

それは、「T.P.O.にあった作法を知らないから」ということが、原因の一つにあげられるでしょう。ですが、マナー や 作法 といったものは「真心」を伝えるためのものです。知らないがゆえに、気がつかないうちに 相手に不快な思いをさせていたり、無礼にあたることをしている可能性 もあるのです。

たかが作法、されど作法です。人は 第一印象 が非常に重要です。だからこそ、いつでも どんな方に対しても 気持ちよく思ってもらえるような人になりたいですね。 今では ルール やら 礼儀 やら ただ難しいものとして捉えられがちな 茶道 も、もともとは亭主が客人に心を尽くし、楽しいひと時を過ごしてもらうために、釜をかけてもてなすという行為が元になっているそうです。

そこには、人と人との出会い を茶でもてなし、お互いの真心を大切にするという姿勢がうかがえます。ですが 長い時間をかけ洗練された結果、なんとも難しく、窮屈なものと受け取られてしまうものへとなりました。だけれども、その作法も 茶人の長い経験と 創意工夫により 時間をかけて洗練されてきた結果であって、本当は実に無駄のない、美しいものとなっているのです。

この 先人によって考えられた動作 を身につけることによって、日常の生活を送る上でも、「人前に出て恥ずかしくない身のこなし」を 自然と出来るようになるのです。

それ以外にも、茶道を学ぶことにより ただお茶を飲むのではなく、規律正しさ、人との接し方、手の運びや 身体全体の動作 などを、お茶の精神をあらわす禅語である “和敬清寂” (注1)を通し 学ぶことができるのが茶道のすばらしさです。

こつこつと お稽古をすることにより、より洗練された精神 を養い、毎日の生活の行動での「うっかり見過ごす」ことや「間違え」などをなくし、シャキッと日常生活を送るための「何か」を求めるのが 茶道 なのです。

注1) 「和」は同士がお互いに仲良く協調し合うということ。
「敬」は同士が尊敬し合うこと。「清」は身も心も清らかに。
「寂」は普通ということ。どんな時にも動じない心を意味する。

3.茶道とは「出会い」の宝庫 − インタビュー

本日は 茶道 を習い始めたというMさんにお話を伺いたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

では、まず最初になぜ 茶道 に興味を持ったのか、教えて頂けますか?

会社の先輩が習っていて、しきりに勧められました。
作法がなっていない! とよく怒られまして・・

それはよく今の若い方が色々なところで言われていることですよね。

ですが、当初は自分でも「どこがいけないのか」正直分かりませんでした。ビジネスマナーも、注意されないと気づかなかったり・・

で、実際 お稽古を始めてみてどうですか?

新鮮です。お稽古を通して 会社以外の出会いがあって、年代の違う方とも知り合えますし。もう先生には 孫感覚でお世話になっていますw

具体的には 茶道 とはどんなものなのか、教えて頂けますか?

私がお茶を習っている所は、先生のお宅で好きな時間にいつでも行ってお稽古をすることができるんです。しかも、必要な道具なども貸していただけるので、自分で用意しなくてはいけないものは、袱紗(ふくさ)という布、懐紙、そして 菓子切り だけだったので、初期費用もあまりかかりませんでした。

それは、お稽古始めやすくていいですね。
ちなみに気になる お月謝 はいくらくらいなのですか?

私のところはあまり普通ではないのかもしれないのですが、毎月3600円で回数は何回行ってもいいんです。なので仕事との兼ね合いなどもあまり気にせず、気軽に始められました

ちなみに、大竹さんはまだお若いですが、他の生徒さんは大体どれくらいの年齢の方が多いのですか?

50・60代の方が2名、40代の方2名、30代の方1名、そして自分ということで年代はばらけています

では本当に今の時代あまりない「別年代間の交流」が可能ですね。 やはりそういった人間関係の中だからこそ、学ぶこととかも多いのではないですか?

そうですね、「特にこれを学んだ!」というのではないですが、視野はものすごく広がると思います

最近は、訳もなく年上の方と接すると緊張して話せなくなってしまう人や、言葉遣いがおかしくなってしまう学生さんも多くいるということを聞きますから、きっとその経験は 社会に出る際も 大いに役に立ちそうですね

そうですね。普段の生活の中で マナー や 礼儀 に対して怒られるということが少ないと思います。例えば基本的なところで、時間に遅れちゃだめ、遅れるなら事前に連絡しなさい、とか 靴はきちんとそろえなさい、とか。

そうですね。「昔であれば 家庭でやっていた教育」というものが、最近は施されずに、そのまま社会に出てくる方も大勢いらっしゃますしね。

特に「時間に遅れる方」が、携帯の普及で 多くなりましたよね。

そうですね。やはり、そういう基本的な姿勢がなっていない方は、社会に出た際苦労しますよね。 大竹さんは、この 茶道 を学ぶことによって、それ以外の礼儀やマナーといったものも存分に学ぶことができているんですね。では、大竹さんは 茶道 を学ぶ前 と 今とでは、ご自分が変わったと思う瞬間はありますか?

周りから見たら分からないかもしれないですけど、段取り(順番)をきちんとする、相手を思いやるということが大事なんだな、と改めて 茶道を通して感じましたし、それは少しずつ自分の行動にも反映されてきていると思います。 茶道には色々な動きがあって、「何で一つのお茶をたてるのに、こんなに手間隙かけなくてはいけないんだろう」って最初は思いましたけど、無駄な動きは一つも無くて、全ての動作に理由があるんです。 遠回りに見えて、一番おいしくお茶をたてる近道 なんですよ。それから、「相手にお茶を出すときに、お茶碗を相手に向けて出す」とか 相手を思いやっての動作 が含まれていて、それが日常でも自然にできたら素敵だろうなぁと思います。

では、茶道 というのは「相手を思いやる気持ち」を動作にしたものであり、 かつ無駄のない動きで効率的に物事を行う、という考え方や姿勢が学べるものなのですね。 まだ習い始めて5ヶ月ということでしたが、今の大竹さんは どのようなところを目指して 茶道 を習い続けているのですか?

おしとやかな大人な女性です! 茶道を習い始めたときに、「大竹さんが茶道!?」みたいな反応が周りからは出たんです(苦笑)。その時には図太いと良く社内でいわれていて、一時期「ずうずうしい大竹」というあだ名をつけられそうになったことも・・

そんないきさつがあったのですね。では、ぜひこれからも 茶道 を通してステキな女性に近づいていってくださいね。ではこれから茶道を始めようと思われる方に対して、ぜひ一言お願いいたします

茶道 でも何でもそうなんですが、早く行動した者勝ちだと思います。
「茶道習ってみたいんだよね」という言葉はよく聞くのですが、実際習っている人はやっぱりその中の何割ですし、茶道を通して 様々な「新たな出会い」があるんです。例えば。年代を超えた出会い、日本の文化との出会い、新しい気づきとの出会い・・などなど。それらの出会いは、自分をよりよく変えていくために、とてもいいものだと私は思っています!

私も大竹さんのお話を伺って、ぜひ 茶道 に触れる機会を作ってみたいと思いました。どうも本日はありがとうございました。

4.今の時代だからこそ しっかりした マナー や 礼儀 が必要

みなさんもご存知のことと思いますが、今の時代は「全く違った社会背景の中で育ってきた世代」が、一緒に存在し 共存しているのです。

ですから、自分と同世代の間で通用する言葉やしぐさが、少し年代が違うと通じない、なんてことはざらにありますよね。「別にそんな違う価値観もった人と関わる気なんてないから、別にいいじゃない」と思うかもしれないですが、人は気がつかないうちに 多くの人と関わって生きているものです。

その中の誰が 自分の人生に深く関わってくるかなんていうのは、最初の時点では分からないものです。だからこそ、自分のためにも どんな世代の方と会うときでも堂々とした態度で接することができるよう、 そして 相手を不快な気持ちにさせることのないよう、正しい 礼儀 や 作法 といったものを身につけておくのは、 社会人になるにあたって 最も大切な心掛け の1つかもしれませんね。

「人と良い関係を築いていく」というのは、非常にこの社会で生きていくうえで必要不可欠なスキルです。 そして、それは 実際に様々な人と会い、話すことでしか 訓練できないものだと思います。

今回紹介したMさんのように、ぜひもう一度 昔だったら「おもしろくなさそう」と思って手を出さなかった伝統文化に、触れてみてはいかがですか?

きっと 大人になったからこそ楽しめる 日本の「心」がつまった文化に触れることによって、 バランスよくステキな大人になるための “いろは” を発見できるのではないかと思います。

▲ページトップ